ササヘルス・ビイレバーキングの通信販売

  • カゴの中を見る
  • 新規会員登録
  • MYページ

無料相談

オフィシャルブログ

ブログアーカイブ

秋は肌トラブルの多い季節です。

夏の紫外線のダメージや、秋になって気温の寒暖、湿度の変化などによる身体への影響。

花粉によるアレルギーの症状など、デリケートな人はトラブルが発生します。

そんなときの対処方法

当店では、スキンケアと腸内環境の改善による方法を提案しています。

これに食事(食べ物の)心がけ、普段の気持ちの持ち方が入ります。

身体に負担のかからない、根本改善に繋がる方法なので、

やってみる価値は大いにあると実践してきました。

良い報告もあります。完璧に克服された方もあり、

その方法をお悩みの方にも提案したく思っています。

いつでもご相談ください。

atopi-

目の健康、意識してますか?

食欲の秋、読書の秋、いろいろな秋があります。

スマートフォンやパソコンの普及につれて、目にかかる負担が大きくなります。

情報の約80%が入ってくるといわれる目。

目の健康への注意が必要です。

目の健康のために、肝臓・腎臓の強化。

どうしても、年齢と共に衰える臓器ですので、

目に届ける栄養は肝臓で作られ、腎臓は目の硝子体の水の代謝を担う臓器です。

肝心要の臓器を意識して、目の健康を保ちましょう。

目に良い習慣を10選します!

①時々休憩を挟む。

②睡眠を充分にとる。

③寝る前にパソコン、スマホをしない。

④部屋の明るさに気をつける。

⑤紫外線対策をする

⑥メガネの度数を定期的に確認する。

⑦コンタクトレンズの使い方を見直す。

⑧負担のないアイメイクにする。

⑨目に良い栄養を意識して取る。

⑩禁煙をする。

そしてすぐにできる疲れ目ケアは、

・蒸しタオル

・目のリラックス

・肩こり解消ストレッチ

・目のつぼ押し

・目薬の上手な活用。

ほんの少しの心がけで、目の健康ケアが実践できます。

目に良い栄養サプリ、扱ってます。

ご相談ください。

2010年07月02日_CIMG2206

 

食欲の秋

いろんな所で、食に関するイベントが開催されています。

食欲の秋、味覚の秋といったところでしょうか。

気候もわりと過ごしやすくなり、食欲も増してくると思います。

秋のおいしい食材も、いっぱい出てきます。

感謝して、喜んでいただきましょう。

icon_biggrin.gif

喜んで感謝していただくと、気がめぐり元気な体づくりに役立ちます。

気の持ち方が非常に大切!病は気からとも申します。

最近このことを深く感じています。

食事ができることを、有難いなー、当たり前じゃないんだ、

最近のニュースを見ているとそう感じます。

慢性炎症

近年、多くの疾患に慢性炎症が関わっていることが解ってきました。

激しい炎症反応は、①赤くなる、②腫れる、③熱が出る、④痛むという症状が見られますが、

慢性炎症は、弱く穏やかなため、自覚症状がなく、知らないうちに病気が悪化してしまう傾向

にあります。

慢性炎症万病のもと

炎症で多くの細胞が壊される。

まわりの細胞が傷つく。

血液がドロドロになる。

血行不良の状態になる。

持続力に欠ける。

原因不明の痛みが生じる。

インスリンの働きが悪くなる。

血糖値が上がる。

血栓が出来やすい。

血圧が上がる。

免疫力が低下する。

がんが生じやすくなる。

痴呆症になりやすい。

突然死を起こしやすい。

一等級三七人参は、古書に

止血(出血を止める)、散血(おけつを改善する)、定痛(痛みを軽減する)

消腫(腫れを消す)、という効能が記されています。

抗酸化などの機能もあります。

一等級三七人参には炎症を抑える働きが解っており、

慢性炎症に対する効果が期待されます。

消化吸収のよいアミノ酸製剤

IMG_3540今回は、ビイレバーキングの服用により体調を回復されたお喜びの声を・・・!!

病院へ行って検査をしても、異常はない、しかし、食欲がなく体調不良で元気が出ない???

この様な内容の相談であった。

まさしく、未病の原因である「気血の不調」の状態である。

ご相談の方のタイプは、虚の状態で、「気血」の量も力も不足している状態と判断して、

「気虚」・「血虚」を伴うおけつの症状と考え、まず原因であるタンパク質の不足を補うことを目的に、

ビイレバーキングをおススメした。調子が改善してきたので今回で3本目を購入され、夏バテが出ないようにもう少し涼しくなるまで続けたいということである。

対症法としては、元気な血液を造る事で、体を冷やさないように、よくかんで食事をとることがポイントです。

見るからに胃腸虚弱のタイプでしたので、消化吸収のよいエキス製剤があったのだと思いました。

このような時は、IMG_3539の併用が、

かなり効果的なんですが・・・・!

また考えてみるということでした。

神経質なタイプでしたので、交感神経が優位にならないように、リラックスを心がけていただくようにお話しました。

やっぱり、精神を落ち着けてくれる効果も期待できる緑ものの補給はより効果が上がると確信しています。

アミノ酸、葉緑素製剤共に、からだの元気をサポートしてくれます!!

新学期が始まりました。

当店のすぐ前には、小学校があります。

つい先日まで体育館の増改築工事が行われていました。

夏休み中の出来事です!体育館もきれいに生まれ変わり、

新学期が始まり、子供たちが元気に登校してきています。

子供たちの声から元気がもらえるような気がしています。

新学期が始まってすぐに、運動会があります。

運動会は、小学校の一大イベント!

準備や練習に子供たちも大変でしょうが、

怪我や、体調を崩すことなく、頑張ってほしいと思います。

子供は地域の宝と申します。

地域住民として、子供たちの健やかな成長を見守って行きたいと思います。

IMG_3546

未病を治す

漢方の考え方のひとつに、未病を治すというのがあります。

病気とまで行かないけれども、体調がすぐれない・・・

ほおっておくと病気を発症してしまう手前であると思われる状態のところです。

ここの状態を改善する方法は、自然治癒力、免疫力を整え人が本来持っている自然に治る力が向上する生活習慣をしていくことが大切と感じています。

食事、運動、睡眠を規則正しくこなし体調不良の原因となる生活習慣を改めていく。

ここが肝心であると思います。

この考え方の根本は、自分の病気は自分で治す、自分の体は自分で守る。

ここが肝として、あります。自己責任で他人のせいにせず自分で克服するのだという強い意思を持って生活していくことから始めてほしいと思います。

何でもかんでも、医者薬に頼るのはよくない、治りを早めるために補助的に使うくらいのスタンスでよいと感じています。

そのためには、個人的にもしっかり勉強して、本当のことを知ることが大切と思います。

まず自分の状態がどのような原因があって、この様になっているのかを知るところから。

そして原因が、推測できればそれを改めて、改善するように努力していく。

そのために何を使うか?どうするか?

に尽きると思います。頑張って、健康を維持していきましょう。

やっぱり、自分の健康は自分で守るしかないのですよ。

病気を跳ね除ける、強い体づくりをしていきましょう。

これから残暑に向かい、まだまだ暑い日が続きます。

養生していきましょう。

hare.gifhare.gifhare.gifhare.gifhare.gif

暑い夏の気温差にも注意!!

【8月】夏に起こるヒートショック

冬場に多い「ヒートショック」ですが、室内と室外での寒暖差が激しい夏場でも起こることが

考えられます。

夏場のヒートショック関連サイト

https://hayr51.biz/heatshock/natugata/

 

夏の未病(悩み)

夏はからだに影響を及ぼす、暑さ・湿気の影響を受けやすい季節です。

特に胃腸が影響を受けやすいので下記の様な症状には注意してください。

夏バテ(夏負け・暑気あたり)

ダルイ・食欲不振の方

全身倦怠感、息切れ、食欲不振、口渇、のどの乾き、尿量減少、発熱、下痢など

水分過多

むくみがある方

冷たい水分を取りすぎ、水分を補給しても口の渇きが止まらない、胃でチャプチャプ音がする。

尿量が少ない、水溶性の下痢をする、食欲減退

冷房病

冷え性の方

クーラーのかけすぎで起こるからだの冷え、寒気、頭痛、手足の痺れ

筋肉痛、体のだるさ、手足のむくみなど

熱中症・日射病

頭痛・めまい・吐き気などがある方

炎天下での運動、労働で多汗し、口渇、発熱、息切れ、無力感、脱力感

胃腸風邪

腹痛・下痢などがある方

嘔吐・腹痛・下痢を伴う風邪・消化不良

夏風邪愛

寒気を伴わない熱症状、発熱、頭痛、咽痛、発汗など

今、気になる不調や悩みがあり、きちんと治療しておきたい方

お問い合わせください。

早食いは、注意しましょう!食事はゆっくりと!!

早食いは、体重の増加、血糖値の上昇、腹囲の増加にも関連していることがわかっています。良く噛んで食べることは、脳や味覚の発達、また胃腸の働きを良くすることにもつながります。脱”早食い”で健康アップ! #早食い #メタボ #肥満 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h30/300901001 …