ササヘルス・ビイレバーキングの通信販売

  • カゴの中を見る
  • 新規会員登録
  • MYページ

無料相談

オフィシャルブログ

オイスターの使用目的

Share on Facebook
LINEで送る

当店では、ビタミン・ミネラルの栄養補給に牡蠣肉エキスを推奨しています!

 

その理由は、

 

現代の食生活・ストレスの多い生活、食品添加物などの害・・・

 

飽食であり、栄養不足になっている諸問題を、考えて、その抵抗手段として、

 

現代人に必要と判断したからです。

 

以下参考にしていただけると幸いです。

 

 

≪オイスターを使用する目的は、酵素、ホルモン活性剤としての価値が高いからです。≫

 

1:酵素活性剤として、体質を変える

ダイエットをして、リバウンドをする人の基礎代謝を上げる。

瞬発力を必要とするような運動時の栄養補給。

炭水化物過多が原因での冷え性や疲れやすい方。

 

2:ホルモン活性剤として治療する

男性機能改善

排卵促進

骨粗鬆症

 

 

【使用例】

2人目不妊の子宝相談の夫婦。ご主人の仕事が多忙で、帰宅後は疲れ切っている。

夫婦生活の機会が減り、タイミング法を試みているがうまくいかない。

プロラクチンが高めなので、内服薬を飲む予定。

 

(オイスターの男性に対する働き)

頭の疲れがよく取れて、仕事も夜の生活もやる気が出て、朝の起床も楽になる。

飲酒時、翌日までお酒が残りやすかったのがスッキリする。

実は、糖尿病予備軍だったのが良くなっていた。

 

(オイスターの女性に対する働き)

貧血などに良いのはもちろんである。低温期~排卵に服用すれば良い。

クロミッドを飲まなくても排卵する。高プロラクチンにも良い。

 

 

 

理論;炭水化物の代謝について

牡蠣は白色筋線維を持つ (軟体動物の仲間) 動物。

食べ過ぎ、飲みすぎなど炭水化物過剰時は、グリコーゲン生成を促進して過剰な糖分を
肝臓にエネルギーを溜める。(これらの機能があるから 糖尿病や肝臓病にも効果がある)

またエネルギーが不足時には、解糖を促進して、好気的にエネルギーを作る。

 

牡蠣は、活動するための消費エネルギーよりも摂餌量が上回った時には、

余ったエネルギーをグリコーゲンとして蓄えると特性がある。二枚貝では見られない特性。

牡蠣は水辺に棲む生物で潮が引いた場合でも2週間くらいは生きている理由。

 

 

 

 

男性ホルモン活性・骨形成作用

骨のカルシウム濃度を高めるのが、男性ホルモンの働き。

スッポンやタツノオトシゴを精力剤に使うのは固い殻を形成する動物には

男性ホルモン(デヒドロエピアンドロステロン)活性があるからである。

牡蠣以外(アサリやシジミ)に男性ホルモン活性があるの?

 

牡蠣のミネラルには男性ホルモン活性が高いが他の貝は活性が低い。

 

牡蠣はエラを使って餌を取り込む。エラは大量の海水を吸い込み、この中に浮かんでいるプランクトンを取り込む。そのため牡蠣1個につき、1日400リットル以上の海水を吸い込み、ミネラルを凝集させる。牡蠣は、強靭な結晶ミネラルを形成(カルサイト)

牡蠣のミネラル凝集システムはヒトであれば腎臓にあたる。ヒトがホルモンを副腎で生成するように牡蠣もホルモンを作り、ホルモンで*硬い積層の殻を作る。

*牡蠣のミネラルが電気エネルギー高い理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低温期のホルモン生成と排卵促進:

低温期は卵胞が発達いないため、あらかじめ製造した黄体ホルモンと男性ホルモン(アンドロステンジオン)を

原料にして卵胞ホルモン生成する。

卵胞外膜(莢膜細胞)未発達のために卵胞内で卵胞ホルモンを作る事ができない。

 

コレステロール →   黄体ホルモン  →  男性ホルモン  →   卵胞ホルモン

 

排卵期をきっかけに

黄体ホルモン  →  男性ホルモン  の生成がストップする

 

子宮内膜を柔らかくするために黄体ホルモン量を増やすのだが、節約するから増える。

すなわち、排卵期を境に黄体ホルモン経由での卵胞ホルモン供給はストップする。

カラダはどうにかして卵胞ホルモンを製造しなければいけない。

高温期に移行するための準備期間(低温期)に

卵胞顆粒膜でテストステロンを製造しておいて、いつでも卵胞ホルモンを作れる状態にする。

その準備ができなければ高温期に移行しにくい。(排卵が遅れる理由の一つ)

 

排卵をスムーズにするための手段

1、黄体ホルモンの原料を補給する(γリノレン酸やスクワレン)

高温期に補給していれば次の生理以降整う。

2、油の乳化作用が強いもの(オイスターなどミネラル)を補給する。

コレステロールを取り込み、ホルモンを作るため。(低温期補給)

3、疎水性が高い有機陰イオン(鹿茸・牛黄)を補給する。

コレステロールを取り込み、ホルモンを作るため。(排卵期補給)

 

 

抗プロラクチンの処方薬について 

プロラクチンに乳化作用がある。油を乳化して不足しているホルモンを作るためにプロラクチンは上昇する。
高プロラクチン薬(発見は麦角アルカロイド)を投与すればアルカロイドの苦味でプロラクチンの乳化作用を阻害する。
薬を飲めばプロラクチンの数値が下がるが、ホルモン材料が不足するため。妊娠しにくくなる。

 

 

オイスターをさらに効かすには

漢方理論(傷寒論の二味の薬徴)を応用

陰とは電子を蓄えている物質、陽は電子を引き出しエネルギーに変換する物質

オイスターが酵素・ホルモン活性剤として使えるのは、

(オイスター ⇔ 酵素・ホルモン)の電子の授受ができているから。

葉緑素(ポルフィリン)・フラボノイド・テルペンなどとの組み合わせで効果が増す。

 

 

注意点

魚介類はまず産地が重要。海水と共にホルモン撹乱物質も濃縮する。

 
漢方のイナイ
稲井先生のブログより、転用(お借り)しました。

 

okuto-seishindo の紹介

気軽に話のできる相談薬店です。 健康心身・よろず相談で、創業大正15年 三代目 54歳 〝自分の健康は自分で守る〟 〝自分の病気は自分で治す〟 ピンピンコロリの楽々人生を送りたい。 そして送れるようなアドバイスが出来て、 人様の役に立てる人間でありたい。 自分及び家族にする療法を素直にお伝えし助言していきたいと考え店頭に立っています。まずはお話をお聞きし、その人に必要な効く商品をご提案することに注力しています。