ササヘルス・ビイレバーキングの通信販売

  • カゴの中を見る
  • 新規会員登録
  • MYページ

無料相談

オフィシャルブログ

慢性便秘に対する食事療法について

Share on Facebook
LINEで送る

便秘症に対する食事療法のポイント

①バランスの取れた食事を摂り、規則正しい生活を心がける。3食きちんと食べる食習慣をつける。

②腸内環境を整えるため食物繊維20~25g/日をとる。食物繊維は水溶性、非水溶性に分けられていますが、水溶性食物繊維は繊維の柔らかい野菜(ほうれん草、人参、大根、玉ねぎ、かぼちゃ、ごぼう、ジャガイモ)に含まれ、非水溶性食物繊維は繊維の硬い野菜(ごぼう、セロリなど)きのこ、豆類などに多く含まれています。水溶性食物繊維は腸内環境を整えたり、軟便形成を促すとされています。一方非水溶性食物繊維は、便の硬さを増し、排便リズムを回復させるとかんがえられています。又、有害物質を吸着し排泄を促すとされています。

③プロバイオティクスを利用する。動物性乳酸菌(ヨーグルト、発酵乳など)植物性乳酸菌(納豆、味噌など)を摂取する。以上に様なことを心がけ朝食後は便意の有無に関わらずトイレに行く習慣をつけましょう。さらに運動療法もあわせて取り組むことが快適な排便を得るには必要です。

プロバイオティクス=腸内有用細菌(乳酸菌等)

okuto-seishindo の紹介

気軽に話のできる相談薬店です。 健康心身・よろず相談で、創業大正15年 三代目 54歳 〝自分の健康は自分で守る〟 〝自分の病気は自分で治す〟 ピンピンコロリの楽々人生を送りたい。 そして送れるようなアドバイスが出来て、 人様の役に立てる人間でありたい。 自分及び家族にする療法を素直にお伝えし助言していきたいと考え店頭に立っています。まずはお話をお聞きし、その人に必要な効く商品をご提案することに注力しています。