ササヘルス・ビイレバーキングの通信販売

  • カゴの中を見る
  • 新規会員登録
  • MYページ

無料相談

オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2019年1月11日

健康は食事から

1年の初めに、私が心したことは、健康的な食生活!!

この事を目指していこうと思いました。

食事の量と、食物繊維の補給にポイントをおきます。

食事でもって健康度をアップしようと思ったら、その鍵は食物繊維にあります。

食物繊維は、人の消化酵素で消化されない食品中の成分の事で、カニやエビの殻など動物性の食品にも含まれますが多くは植物性の食品に含まれます。水の溶けるかどうかで2つに分けられます。

・不溶性食物繊維・・・水に溶けず水分を吸収すると、数倍から数十倍にもふくれあがります。根菜や穀類・豆類に多く含まれます。

・水溶性食物繊維・・・水に溶けてネバネバしたゲル状になります。吸着性の高いのも特徴です。大麦、果物、海藻などに多く含まれます。

・不溶性食物繊維は胃の中で食物の水分を吸収して膨らみかさが増える為、胃の中での滞留時間が長くなります。その為満腹感が得やすく、食べ過ぎをおさえ、肥満を防止できます。

・不溶性食物繊維は胃や腸の水分を吸収し膨らみます。その結果便の量が増え、大腸の働きが活発になり排便が促されます。便秘の予防や改善につながります。

・水溶性食物繊維は胃の中でゲル状になり、食事と一緒にとった糖質を吸収し、胃から十二指腸へゆっくり移動。糖質の消化吸収速度が遅くなり。食後の急激な血糖値の上昇を抑えられます

・水溶性食物繊は、コレステロールやコレステロールを原料として作られる胆汁酸を吸収し、小腸からの吸収を抑制。血中コレステロールを減少させるので、動脈硬化の予防も期待できます。

・不溶性食物繊維は便の量や回数を増加させるので、大腸は有害物質の影響を受けにくくなります。水溶性食物繊維は腸内細菌の働きにより発酵し、乳酸菌などの善玉菌を増やして腸内環境を整えます。

食物繊維には、体に有難い5つの働きがあります。

食物繊維で健康はじめですね。

現代人に不足しがちな栄養素です。意識してしっかりとっていくようにしましょう。