ササヘルス・ビイレバーキングの通信販売

  • カゴの中を見る
  • 新規会員登録
  • MYページ

無料相談

オフィシャルブログ

元気を出す為の栄養補給の話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

5月病じゃないですが、気温の急激な変化や、生活上のストレスなど抱え込み、

この季節ありがちな自律神経の乱れが原因なのでしょう

やる気が出ない、気力がわかない、どうすればいいの?

というようなお悩みを聞かせてもらう時があります。

根本的に解決するには、どうしたらいいのでしょうか。

原因を明確にして対処することが大切です。

体の中に活性酸素がたまると起こりやすい症状であることが解っています。

これは、活性酸素がエネルギーを生み出す酵素の働きを邪魔するからです。

活性酸素は過労やストレスにより体内に過剰に増え体の細胞を傷つけます。

細胞の働きは低下し、筋肉の働きが悪くなりエネルギーが作られにくくなるといった状態になり、

この時に、体は「だるい」「おもい」~やる気や気力が湧かないとなります。

この状態が、「疲労」です。

体の中の過剰な活性酸素を消すと、疲れがとれて元気が出ます。

活性酸素を消す2つの方法があります。

1.活性酸素を消す酵素の働きを高める。

2.活性酸素を消す作用をもつ栄養素(抗酸化物質)を体に取り入れる。

疲れをとる栄養素の宝庫  牡蠣

牡蠣には活性酸素を消し。、エネルギーを作り出す栄養素がたくさん入っています。

牡蠣肉は亜鉛・銅・セレン・鉄などのミネラルがほかの食品に比べても明らかに豊富に含まれています。

また、ビタミンB群の栄養素の宝庫でもあります。

さらに、

牡蠣肉には細胞の奥深くにまで入り込む抗酸化物質が含まれることが近年発見され、注目されています。

疲れをとる栄養素をしっかり摂取し、元気な毎日を過ごしましょう。

watanabe_img

okuto-seishindo の紹介

気軽に話のできる相談薬店です。 健康心身・よろず相談で、創業大正15年 三代目 54歳 〝自分の健康は自分で守る〟 〝自分の病気は自分で治す〟 ピンピンコロリの楽々人生を送りたい。 そして送れるようなアドバイスが出来て、 人様の役に立てる人間でありたい。 自分及び家族にする療法を素直にお伝えし助言していきたいと考え店頭に立っています。まずはお話をお聞きし、その人に必要な効く商品をご提案することに注力しています。